FC2ブログ

オリヴィエ・ムルグ / ジンシリーズ


戦後の高度経済成長の中、アポロ計画などの宇宙構想によって抱かれた宇宙や近未来への憧れ。
当時のデザイナー達は近未来を想像しデザインし、多くの作品を生み出しました。
そのミッドセンチュリー期の中で起きたムーヴメントや時代を表した言葉「スペースエイジ」

1965年にオリヴィエ・ムルグがデザインした、このジンシリーズもアイコン的なアイテムの1つ。スタンリー・キューブリック監督作品「2001年宇宙の旅」に登場することでも知られている作品です。
彼はその他にも、人の型をしたブルーム・シェーズ、花をモチーフにしたフラワーランプなどのデザインや、ジョエ・コロンボ、ヴェルナー・パントンに続き「Visiona」という前衛的なインテリアデザインのプロジェクトも手掛け、大きな反響と影響を与えました。

そんな彼らのデザインはまさに、50年後にこうなってたらかっこいいなぁという理屈もないようなフォルムや色彩が特徴。
おそらく、この独特すぎるデザイン性ゆえに、受け付けない人も多いと思います。。
僕自身もこれらのデザインについて説明を求められても、なんか凄い!とか何かかっこいい!ぐらいでしか表現ができません。

ただ、それが正しいとさえ思わせるほどの振り切ったデザイン観。曲線や色彩の美しさの中に、少し狂気やドラッグ感を匂わせる中毒性のある世界観。
「好きな人は好き。それでいい。未来をデザインしているのだから。」そう言っているような気がします。

実際にうちの顧客様にもスペースエイジ好きは多く、かなりのコレクターさんばかりです。みんな完全にスペースエイジ中毒ですね。
おそらくこれからも一生抜け出せないVisionaの中にいるんだと思います。

みなさまも手を出す際は十分にお気を付けください。

Djinn Sofa
※商品詳細はリンク先の商品ページにてご覧ください。

関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

SEARCH
BUY & SELL
CATEGORIES
お問合せ・メール配信サービス
メール配信サービスはセールやイベント情報などお得な情報をお届けします。
TWITTER
NEW ENTRIES
CALENDAR & ARCHIVES
07 | 2020/08 | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QR
QRコード
LINK
FC2 Blog Ranking