FC2ブログ

Kai Kristiansen「No.42 Dining Chair / Rosewood」

同時代のデザイナーであるハンス・J・ウェグナーやボーエ・モーエンセンらと共に
「デンマーク近代家具デザインの父」と呼ばれたコーア・クリントに師事したカイ・クリスチャンセン。

デンマーク王立芸術アカデミーでデザインを学んだ後、自身のデザイン事務所を設立し、ペーパーナイフシリーズやNV-31チェア、UNIシニア4110チェアなど多くの名作家具を生み出したデンマークを代表するデザイナーです。

彼を代表する家具の多くは復刻生産をされるなど、現代においても色褪せることない普遍的なデザインとなっています。

特に彼の代表作として知られている「No.42チェア」。
1957年頃に発表されたこのチェアは、クリスチャンセンとスコウ・アンデルセン・モベルファブリク社の共同製作によって作られました。


特徴的なデザインのアームは、絶妙な傾斜と高さに設定されており、見た目以上に収まりがよく、足を広げて座ったり、立ち座りの際にも快適です。
さらに、背もたれには少しのリクライニング(あそび)を設けることで、様々な体系や姿勢にも合うような構造となっております。

そんな素晴らしいデザインのチェアですが、当時は技術的に製造が難しかったため、長らく生産が止まっていた為に、製造年数の短いオリジナル品は非常にコレクタブルなアイテムです。

現在では伐採禁止となってしまっているローズウッド材を使用したNO.42チェアは、オリジナルにしかない存在しない稀少な仕様となっております。

美しく優美な佇まいはもちろんのこと、座るための椅子としての機能性が考え抜かれているところに、名作チェアたる所以を感じさせられる1脚です。


No.42 Dining Chair / Rosewood
※詳細はお気軽にお問い合わせください。
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

SEARCH
BUY & SELL
CATEGORIES
お問合せ・メール配信サービス
メール配信サービスはセールやイベント情報などお得な情報をお届けします。
TWITTER
NEW ENTRIES
CALENDAR & ARCHIVES
07 | 2020/08 | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QR
QRコード
LINK
FC2 Blog Ranking