Egon Eiermann「SE-68 Chair」

近代のドイツ建築やデザイン界に大きな影響を与えた建築家・プロダクトデザイナー、エゴン・アイアーマンが1951年にデザインしたチェア「SE-68」のヴィンテージが入荷しました。


SE-68 SU SOLD

20160706_1.jpg
一見、イームズのDCMにも似ているこのチェアはドイツのWilde + Spieth(ワイルド アンド スピース)で現在も生産されている名作です。半世紀以上に渡って作り続けられているもDCMと同じ。美しいチーク突板の背板や座面はボルトで直接固定されていますので、マウント剥離などの心配なくガンガン使えそうです。

20160706_2.jpg
今回入荷したこちらのSE-68は座面が少しコンパクトなスタッキングが可能な「SU」というシリーズ。椅子を重ねた時に緩衝材となる樹脂パーツも全て付属しています。

人とはちょっと違うこだわりの椅子をお探しの方へオススメしたい逸品です。座り心地もとても良いので店頭で是非お試しください。

詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

Mid-Century MODERN
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F
TEL:03-3477-1950
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

SEARCH
BUY & SELL
CATEGORIES
お問合せ・メール配信サービス
メール配信サービスはセールやイベント情報などお得な情報をお届けします。
TWITTER
NEW ENTRIES
CALENDAR & ARCHIVES
07 | 2017/08 | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QR
QRコード
LINK
FC2 Blog Ranking