FC2ブログ

"in Home" recommend by Mid-Century MODERN


不要不出の自粛生活が続き、皆さまもストレスがたまる日々が続いているかと思います。
個人としても、在宅には少し慣れてきたかと思いますが、やはり店頭でお客様と話す機会がないのは、どこか常にモヤモヤしたものを感じています。
ただ、しばらくは続くであろうこの状況を、できる限り前向きに捉えていければと思います。

そこで今回は、当店がお勧めするご自宅を快適にお過ごし頂くためのアイテムを、スペシャルページ「in Home」にてピックアップ致しました。
少しでも快適かつ楽しんで、毎日をお過ごし頂ければ幸いです。

こんな状況の中でも、ぜひ生活を豊かにするということを忘れないようにしたいですね。

in Home
※詳細はリンク先のスペシャルページにてご覧頂けます。

Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Echo Park Pottery / Mug

1980年代、イタリアのポストモダンを代表するデザイン集団「Memphls(メンフィス)」に唯一のアメリカ人として参加していたPeter Shire(ピーター・シャイヤー)
現在彼が主催しているロサンゼルスにあるデザインスタジオ、Echo Park Pottery(エコパーク・ポッタリー)にて、1点1点丁寧に作り上げられたマグです。


シャープなハンドルとブラウン系のスプラッシュペイントが施されたバランスの良い仕上がり。
Echo Park Pottery / Mug


丸みのあるハンドルとパステルカラーが食卓を明るくしてくれそうです。
Echo Park Pottery / Mug


ユニークなデザインのハンドルが個性的なラージマグ。
Echo Park Pottery / Mug


ストックのいくつかは完売してしまっておりますが、上記のものは在庫がございます。
すべて1点ものになりますので、気になるものがございましたら、ぜひお早めにお買い求めください!


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Basic Cabinet Series #4600


ジョージネルソン・アソシエイツにてデザインされた、ハーマンミラー社製ヴィンテージの「Basic Cabinet Series #4620」
実際にデザインを手掛けたのは、ネルソンの事務所で働いていたErnest Farmer(アーネスト・ファーマー)。
アーヴィン・ハーパーと共に、1948年のハーマンミラーカタログを制作している優秀なデザイナーです。


無駄のないシンプルなデザインで、その名の通り極めてベーシックなキャビネットです。
使い勝手は非常に良く、実際に使うとより素晴らしさがわかって頂けると思います。


いくつか種類がある中でも、シンプルなデザインのハンドル。
長く使えば使うほど、ブラックのベースとハンドルのアクセントがじわじわと際立ってきます。

店に展示して毎日のように眺めていると、いつの時代も、今も変わらず、愛されてきた理由がわかるような気がします。

Basic Cabinet Series #4600

※詳細はお気軽にお問い合わせください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Eames Lounge Chair / Rose Wood

ミッドセンチュリーに関心のあるすべての人の憧れ、イームズがデザインしたパーソナルチェアの最高傑作「イームズ・ラウンジチェア」。
1950年代~1960年代に製造された、絶版ブラジリアンローズウッドを使用した稀少な1脚が入荷致しました。


もちろんですが、単に柔らかいクッションが張られただけのチェアではなく、程よく沈み込むシートクッションと、それを支える美しい曲線を描くプライウッドシェルが、過度な体の沈み込みを抑え、しっかりと最適な体制を維持してくれます。
さらに、サイドの湾曲させたプライウッドシェルが、体全体を支え包み込んでくれる印象です。


本国にて「思わず寝てしまって仕事にならない」と訴訟問題があったほどの座り心地(寝心地?)。米国ならではのこの逸話は、まさに最高傑作であることを証明していると思います。


当店でも多くのラウンジチェアを扱ってきましたが、やはりこの美しい木目のローズウッドが1番人気があるように感じます。
本国でも年々数が減ってきているようで、間違いなくこれからも高騰の一途を辿っていく稀少なチェアです。


プライウッドシェルやシートにも大きなダメージはなく、かなりコンディションの良いものが入荷してきました。
ブラックやブラウンのレザーが圧倒的に多い中で、絶妙ないい色が使われており、非常に良い組み合わせになっていると思います。

オットマンとセットでお探しの方も多いかもしれませんが、ラウンジチェア単体でも販売をしているものになりますので、ご自宅のリビングやラウンジスペースなどで、1人掛けチェアとして十分快適にお使い頂けます。

むしろ省スペースで収めたいときや、コーヒーテーブルを前に置きたいときなどは、オットマンがない方がお勧めです。メーカーのレイアウトでも、ラウンジチェアのみで使用されているものもよく見かけます。

ぜひご自宅での用途に応じて、より快適なかたちをお選びいただければと思います。

Lounge Chair
※詳細はお気軽にお問い合わせください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

SE18 Folding Chair / Egon Eiermann


1952年にデザインされ、1953年にMoMAのグッドデザインアワードを受賞した「SE18 Folding Chair」。
第10回ミラノトリエンナーレでも高い評価を受けた、アイアーマンの家具デザインにおける代表作です。


プライウッドによる有機的な背もたれと脚部の直線の組み合わせは、当時のドイツでは先駆的なデザインでした。
下に行くほど丸みのあるフレームは広がり、無骨さと可愛らしさのバランスが絶妙なフォルムになっています。


60年経った現在の耐久テストにもパスするなど、抜群の耐久性を誇ります。
簡易的なイメージのフォールディングチェアですが、メインのチェアとして申し分ない座り心地です。


もちろん使わないときは折りたたんで収納できるので、様々な用途でお使い頂けそうです。
来客の際に良い椅子を出せるのは、すごくいいことだなぁと改めて思います。

SE18 Folding Chair
※詳細はお気軽にお問い合わせください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/
関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Fireplace Accessories Series / Fire Sterter

1950年~1955年までの間、ジョージ・ネルソン・アソシエイツ(ジョージ・ネルソンのデザイン事務所)にて、暖炉周辺で使用する道具のデザインをした「Fireplace Accessories Series」というコアでコレクタブルなシリーズが存在します。


その道具の中の一つ、暖炉で火を起こすための「Fire Sterter(ファイヤースターター)」。
着火剤を入れておくための、いわゆるただの道具なのですが、その日常の道具にも生活を豊かにするためのデザインが落とし込まれています。
現代において本来の用途はないかもしれませんが、お気に入りの場所に飾って眺めて、いい気分になるだけでも十分に用途と価値があるものだと思います。


デザインを手掛けたのはIrving Harper(アーヴィン・ハーパー)。彫刻への造詣が深い彼らしい、ユニークで独特なフォルムが特徴的です。


今回入荷したものは、ハンドル部分に少し歪みやカケがありますが、鉄部分にサビなどはみられず、芯に着火剤を染み込めせた形跡もない未使用品となります。
お部屋のコーナーなどのちょっとしたスペースに飾っておいて、あれ何?と聞かれた時の話のネタにもなりそうです(笑)

Fireplace Accessories Series / Fire Sterter
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧頂けます。


<Irving Harper>
数々のハーマンミラー社製品のデザインを手掛けた、ジョージ・ネルソン・アソシエイツ(ジョージ・ネルソンのデザイン事務所)には、彼の下で働く優秀なデザイナーが多く在籍していました。

ミッドセンチュリーにおいてのアイコンデザインの一つとなっているボールクロック、マシュマロソファなどを手掛けた、Irving Harper(アーヴィン・ハーパー)もそのうちの一人。
1947年から1963年までの間、ネルソンオフィスのデザインディレクターを務めており、インテリアデザインだけでなく、グラフィックデザインにも才能を発揮していました。

数多くの名作デザインの中でも、1946年に彼によって制作された、“M”をモチーフにしたハーマンミラー社のロゴデザインは、彼がハーマンミラーに残した特別な功績の一つになっています。
今までも、そしてこれからも、ハーマンミラー社にとっては特別な存在で在り続けるのだろうと思います。



Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

PAC(1st Model)/ Elephanthyde Grey


1953年~1957年まで製造されていた、1stモデルのコントラクトベースに、1957年7月2日に製造された、3rdモデル初期のエレファントハイドグレーのアームシェルをマウントした貴重な1脚が入荷しております!


この年代に製造されたエレファントハイドグレー特有のグレー寄りの色味と、しっかりとしたファイバー感が魅力です。


座面に数か所のダメージがありますが、大きく目立つダメージはなく、艶も残っていて非常にコンディションの良い状態です。


製造年月日のスタンプも綺麗に残っています。
シェルとベースを取り外すのが難しくなっておりますので、このままの状態でお使い頂ければと思います。

PAC(1st Model)/ Elephanthyde Grey
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧頂けます。

Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Coffee Table #5752


ジョージネルソンのデザイン事務所にてErnest Farmer(アーネスト・ファーマー)がデザインを手がけた、ハーマンミラー社製「Coffee Table #5752」。
1956年~1967年まで製造された、ヴィンテージ市場にも多くは出回ることのない大変稀少なテーブルです。


1980年代に世界的に伐採が禁止された希少種ブラジリアンローズウッドを贅沢に使用した、美しい木目が目を惹きます。世界的にも年々高騰している素材です。
ローズウッドはヴィンテージ好きにはたまらないですね!


特筆すべきダメージもなく、メダルステッカーも綺麗に残っている、エクセレントコンディションの逸品です。
日本の生活様式にぴったりのサイズ感で、ソファ前のコーヒーテーブルやリビングテーブルとしてお使いください。

Coffee Table #5752
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧頂けます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Seven Arm Chair / Used


1955年にアントチェア(アリンコチェア)の後継モデルとして発表された、デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンの代表作の一つ、セブンチェアのアーム仕様。
浮いたような華奢なアーム仕様もシルエットが美しいです。


スタッキングが可能な為、カフェ、レストランでも愛用されている椅子としても有名です。

今回6脚入荷しております。
ほぼ同コンディションで使用感も少なくとても良い状態です。

Seven Arm Chair / Used
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧頂けます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

残りわずかです!「Nychair X / 50th Anniversary」


Nychair X 50th Anniversaryが残りわずかとなっております。
中には完売している仕様もございますので、ぜひお早めにご検討ください!

1970年に日本人デザイナー新居 猛(にい たけし)により作られて以降、国内だけでなく海外でも永く愛され続けている「Nychair(ニーチェア)」。

今年でニーチェアの誕生より50周年を迎えました。
今回の50周年を記念して限定生産250脚のアニバーサリーエディション「Kinari & Kuro」が発売されます。
現在のラインにもありそうでなかった、その名の通り生成りと黒のカバーが採用されており、さらにアームには自然のままのビーチ材を用いて、経年変化を楽しんで頂けるようオイル仕上げが施されています。

昨今の記念モデルとしては決して派手ではありません。今回は50年前に新居猛氏がニーチェアを作り出した時の想いや意匠に立ち返り、素材そのものと向き合った「本物」を感じさせてくれるものになっています。

50周年記念の限定生産のシリアルナンバーは、肘かけの下面に何気なく施されています。
ニーチェアを実際に見たことやお試し頂いたことがない方はもちろん、ご存知の方やすでにお持ちの方も、ぜひ一度違いを確かめてみてください。

Nychair X / 50th Anniversary Limited Edition
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧頂けます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Basic Cabinet Series #4620

ハーマンミラーのカタログやレイアウトにもたびたび使われる名作「Basic Cabinet Series #4620」


長年にわたってハーマンミラー社のデザインディレクターを務めたジョージ・ネルソン。
彼のデザイン事務所ジョージ・ネルソンアソシエイツにてErnest Farmer(アーネスト・ファーマー)がデザインを手掛けたキャビネットです。
アーヴィング・ハーパーやアーサー・ウマノフなど彼の下には多くの優秀なデザイナーが働いていました。


当時はサイズや素材、取っ手の種類などを選べるようになっていたため、ヴィンテージ市場にも様々な仕様のものが流通しています。
今回入荷したものは、日本の生活様式にも合うサイズ感が魅力です。


全体的にはコンディションは良く、プレートやステッカーも綺麗に残っております。
ヴィンテージならではの雰囲気のある佇まいです。

シンプルな使い勝手の良さとブラックのベースと取っ手でアクセントをつけた、まさにベーシックなキャビネットです。
一度部屋に収めて使ってみると、見た目以上に良さを感じてもらえると思います。

今回は同コンディションや近いサイズのものが他にも入荷しておりますので、ぜひご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Basic Cabinet Series #4620
Basic Cabinet Series #4620
Basic Cabinet Series #4620
※詳細はこちらよりご覧ください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

ハーマンミラー社製「FSW-6 / Used」

ミッドセンチュリーを語る上で欠かすことのできない代表的なデザイナーであるチャールズ&レイ・イームズ。
第二次世界大戦後のアメリカの好景気の中で、彼らに限らず多くのデザイナーやメーカーが数え切れないほどの製品を生み出し、また消えていった時代でもあります。
イームズ夫妻の作品は、そんな時代から現代に至るまで世界中の人に愛され、必要とされ、作られ続けています。


このFSWもその一つ。
1946年に完成し発売後、一度製造を中止したものの、1990年代に改めて再生産され現在に至っています。
そのため、イームズがデザインした他のプライウッドシリーズと比べ流通数も少なく、入荷は平均すると数年に1回という希少なアイテムです。


このFSWの魅力は、何と言ってもプライウッドの特性を活かした美しく波打つシルエットではないでしょうか。
もちろん折りたたむことで幅を調整したり、収納するのにも非常に便利で機能性にも非常に優れています。
お部屋の仕切りだけでなく、壁際に立てるだけでも空間の仕上がりが大きく変わります。


今回はほぼ同コンディションで2点入荷しております。
どちらも数か所の擦れやへこみが見られますが、大きく景観を損ねるものではなく、使用に問題はなさそうです。

お探しの方はぜひこの機会にご検討ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

FSW-6
FSW-6
※詳細はこちらよりご覧ください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

MYNUS iPhone 11 Pro CASE

徹底的に余計な要素を削ぎ落とす「引き算の美学」から生まれた、世界でもっともミニマルなiPhone11Proケース「MYNUS iPhone 11 Pro CASE」


iPhone 背面のアンテナラインやリアカメラの凸部、サイドボタンの凹凸などを無くし、ディスプレイ以外をすべて覆った一体感のあるケースを装着することで iPhone をさらに美しい究極のミニマルデザインに変えます。


マットブラックは今回新採用したソフトフィールコーティング。
ラバー調仕上げで、よりマットに、より黒くなりました。しっとりとした触感で滑りにくくなっています。


マットホワイトは、シルクのように上品な質感を持つ、指紋や汚れがつきにくいフッ素を含有した特別なUV コーティング。フッ素が入っているので、白でも汚れが付きにくくなっています。


前回のiphone XS用から、新開発のエラストマー素材と UV コーティングを採用することで、質感や精度を格段に向上し、より美しく、より使いやすく進化しています。

装飾されたケースは使いたくないけど、何かで保護はしたい。iPhoneらしい無駄のないデザインコンセプトを崩さないミニマルなケースです。

個人的にも前々回からMYNUSを使用していますが、飽きもせず機種変更のたびにこのケースを使っていますw
おそらくiPhone11proへ変えたときは、これにするんだろうなぁ、と思います。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

MYNUS / iPhone 11 Pro CASE
※詳細はこちらよりご覧ください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

休業のお知らせ


<休業のお知らせ>
Mid-Century MODERN 品川店・阪急メンズ東京店では、
先月より週末土日の臨時休業を行ってまいりましたが、
本日の緊急事態宣言の発令を受け、これ以上のコロナウイルスの拡散を防止するため、
そして何より一日でも早い事態の終息と、皆さまの日常と健康の回復を願い、
明日4/8から当面の間、店頭での販売を全日休業とさせて頂きます。

ご来店を予定しておられたお客様には急なご報告になってしまい大変申し訳ございません。

休業中はオンラインショップまたは非対面でのご注文に限らせて頂きます。
・当店のオンラインショップでのご注文
・メールやインスタグラムのDMなどでご注文後の銀行振込または代金引換での配送
・非対面でのクレジット決済(検討中)

また、スタッフの健康と安全面はもちろん、スタッフによる拡散の可能性を考慮し、発送作業などの店舗での業務は日にちを限定して作業を進めさせて頂きます。
そのため、商品の発送やお問い合わせへの返信にお時間を頂くことがございますので、お急ぎの際は事前にお問い合わせ頂けますと幸いです。インスタグラムのDMであれば即日返信いたします。

皆さまもご自宅にいる時間が増え、ストレスがたまることもあるかと思いますので、お買い物はもちろん単純に楽しんで頂けるような掲載と発信をしていきたいと思っております。

皆さまがお店にきて欲しいものを見つけて、それを買おうかどうか考えている時、どっちの色にしようかと悩んでいる姿を、こっそりそばで見ている時間が僕はとても好きです。幸せな悩みだなぁと。。

あの時間が一日でも早く戻ってきますように。


Mid-Century MODERN 店主


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

レアカラー!Side Shell / Cadmium Green


稀少なレアカラーの1つ、カドミウムグリーンのサイドシェルがまとめて入荷致しました!
1年を通しても入荷する機会の少ないカラーです。


現行のシェルチェアでも選ばれているカラーですが、やはり当時のヴィンテージは質感や雰囲気が抜群です。価格にも大きな差はないので、手放す際のリセールを含めて、お勧めしたいアイテムです。


レアカラーは入荷が少ない分、コンディションが良いものは特に珍しくなっています。
こちらの個体は、1960年代頃に製造された半世紀以上前のものですが、ここまでどれだけ大切に使われてきたのかを想わせてくれます。


どんなインテリアでも違和感を感じることなく、空間が明るくなる良いアクセントカラーの1脚だと思います。
複数脚ございますので、脚数があるうちはお好きな個体をお選びいただけます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Side Shell / Cadmium Green

※詳細はこちらよりご覧ください。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/



関連記事

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

SEARCH
BUY & SELL
CATEGORIES
お問合せ・メール配信サービス
メール配信サービスはセールやイベント情報などお得な情報をお届けします。
TWITTER
NEW ENTRIES
CALENDAR & ARCHIVES
03 | 2020/04 | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QR
QRコード
LINK
FC2 Blog Ranking