無事、移転オープンしました!

約2週間ぶりの更新となってしまいました。

先週の18日(土)に代官山から品川港南へ移転オープン致しました!

引っ越し作業もようやく一段落付きましたので、ブログやホームページの更新頻度も増やしていきたいと思っております。



新店舗がある港南は天気の日が本当に気持ち良いです。

最寄り駅は品川駅ですが天王洲アイル駅からも徒歩圏内ですので、お散歩がてら気軽に遊びに来てくださいね!

お車も店の前スペースに停めることが可能です。



Mid-Century MODERN
新住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
新TEL : 03-6451-4531 新FAX : 03-6451-4532
※ホームページ、メールアドレスは同じです。

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

Coming soon


新店舗の内装工事が(取り合えず)終わりました。

これから倉庫にある商品を移動するんですが、店の在庫と合わせて果たして収まるのか・・??
なんて不安と戦いながらスタッフ総出で頑張っています。

新店舗の住所をお知らせしておきます。

Mid-Century MODERN
新住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
新TEL : 03-6451-4531 新FAX : 03-6451-4532
※ホームページ、メールアドレスは同じです。

※実は同じ建物内で番地が2つ存在するというちょっと珍しい理由で現状グーグルマップには掲載されていません。
ナビなどに入力する場合は「東京都港区港南4-2-25」と入力お願いします!



拡大移転オープンは2月18日(土)の予定です!

オープニングを飾るスペシャルなイベントも企画していますので、是非ご期待ください!!


Mid-Century MODERN
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F
TEL : 03-3477-1950
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

初雪

本日、東京は初雪が降りました。

なんでも11月に初雪が観測されるのは1962年以来54年ぶりとのことで、私の人生初めての出来事ではありますが、嬉しい気持ちも無く、ひたすら寒さに震えています。

IMG_1151.jpg
さて、個人的に天気が荒れると気になるのが店内にあるこの「Tempo Drop(テンポ ドロップ)」。テンポドロップとは、ストームグラスという機器を現代の暮らしに合うようにリデザインされたオブジェなんです。(これは今日の店内での様子です)


ストームグラスは、19世紀のヨーロッパで天気予報の道具として使われていました。
樟脳を含む化学薬品をアルコールに溶かしてガラス管に詰めたもので、溶液や沈殿の状態によって近未来の天気が分かるとされています。

image3.jpg
天気により下記のような変化がガラス内に現れます。


・天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。
 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。

・嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。溶液は濁り、 発酵しているように見える。この現象は天気の変わる24時間前に見られる。

・冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。内容物はとても白く、浮遊する点状のも のが見られる。

・夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。

・風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。


未だストームグラスの内容が変化する原因ははっきりとしていないですが、大気の温度や湿度、気圧、大気電気学的な影響等によって、溶解度や結晶形状が変化するためと考えられているそうです。
※Wikipedia参照

image1.jpg
季節によって景色が変わるように日々変化する結晶の様子を『Tempo Drop』でお楽しみください。

お引越し祝いや誕生日などのギフトにもオススメです!


Tempo Drop
PRICE : (L) ¥5,500+TAX / (S) ¥3,800+TAX
※若干の個体差がございます。
※木座はLサイズのみとなります。



Mid-Century MODERN
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F
TEL : 03-3477-1950
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-


昨日、友人に誘われ千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館で開催中のアメリカ現代美術の巨匠サイ・トゥオンブリー(Cy Twombly)の展示会を観に行ってきました。

写真を中心に絵画・彫刻・ドローイングも展示するという、トゥオンブリー芸術の全体を見通せる国内初の展覧会ということで、昨年原美術館で開催した「サイ トゥオンブリー:紙の作品、50 年の軌跡」とは違った趣で、時間を忘れその世界観に浸ってきました。

IMG_8513-001.jpg
DIC川村記念美術館へは初めて訪れたのですが常設展も大変充実していて、20世紀抽象絵画の巨匠マーク・ロスコが、フォーシーズンズ・レストランのために描いた7点の作品のみを展示した「ロスコ・ルーム」に大感動。なかなか観る事が出来ないアレキサンダー・カルダーのモビール、マン・レイのオブジェにも感動しました。またクロード・モネ、パブロ・ピカソ、マルク・シャガールの印象派を始めジャクソン・ポロック、フランク・ステラといった現代作家に至るまで、そうそうたるコレクションを堪能出来て大満足な1日になりました。

都心からは少し距離がありますが、ドライブがてらにオススメです。u


サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-
 会期:2016年4月23日(土)-8月28日(日)
 会場:DIC川村記念美術館( Kawamura Memorial DIC Museum of Art)
 開館時間:午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:月曜(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
 入館料:一般1,200円、学生・65歳以上1,000円、小中学生・高校生600円

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

ご冥福をお祈りします。

今日、コレクター・編集者・プロデューサーとして知られる柳本浩市さんがお亡くなりになったことを知りました。

信じられなくて、電話を頂いたIさんに何度も「本当にあの柳本さんなんですか?」と聞き返してしまいました。

僕が今の仕事に就いているのは大学生の時代にMONOマガジン別冊で柳本さんの膨大なプラスティックコレクション部屋の特集を見た事がきっかけです。この業界に入ってからは何度もアドバイスや知識を授けて頂きました。

膨大なデザインコレクションと知識、唯一無二の審美眼、デザインの力で世界を変える力を持っていた偉大な先輩でした。

もう二度とあのデザイン話を聞くことが出来ないと思うと本当に悲しい。

心よりご冥福をお祈りします。

Mid-Century MODERN 楳澤 茂

※ご覧頂くブラウザ(IEなど)やバージョンにより、正しく表示されない場合がございます。

SEARCH
BUY & SELL
CATEGORIES
お問合せ・メール配信サービス
メール配信サービスはセールやイベント情報などお得な情報をお届けします。
TWITTER
NEW ENTRIES
CALENDAR & ARCHIVES
04 | 2017/05 | 06
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QR
QRコード
LINK
FC2 Blog Ranking